読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままな石

感じたときに感じただけ感じたことを

少年たち。危機一髪!まとめ 1幕

私的にまとめたので記憶違い等々ありますが、ご了承ください。ジェシー贔屓目です。セリフはニュアンスです。セリフ違いあると思います。あやふやな部分は喋り手の省略してます。ざっくりストーリーが分かるように言い回し若干変えてます。

 

【OP】

幕が上がると赤いライトの中から岩本さん。バク転。でん!ででででん!ででででん!でででん。SnowMan登場。指パッチンに合わせてSixTONES登場。

 

そのままシャキーンシャキーン(刀の音)で時の彼方。第一声目「Don't Stop〜♪」はジェシーソロパート。

 

ジェシー(上手)、岩本(下手)、京本(センター)ステージ、その他ステージ降りあり。(上手SixTONES、下手SnowMan)

 

ケンカで曲終わり。ピッピッピー!お前ら何をしている。看守長天の声(あおい輝彦)

ジェシー「トレーニング←」

・樹、髙地(?)「商売繁盛あがったり〜」

・佐久間「看守長〜そんな服やめてメイド服にしましょうよ〜」

・阿部「ここをでたらここの実態バラしてやるからな!」

看守長「黙れ〜」からの全員で

「「上等じゃねぇか」」

→♬俺達は上等(SixTONES Snow Man)

・「ちょいとはみだしゃ〜♬」は去年、ジェシーソロ英語歌詞

・岩本につままれる深澤

・にらめっこするジェシー佐久間

SixTONESラインダン

 

【オレンジチーム】

京本の仲間入り。

 

京本上手ピンスポ。日記読み「6月10日、ここでの生活がはじまった〜〜」

下手からジェシー。音楽好きで意気投合。

ジェシー「お前はどうしてここに?」

京本「俺は……」

→♬僕に聞くのかい?(京本、途中からジェシーも)

・昨年同様オレンジチームのなわばり(?)の場所(昔で言うブランコ)に立ち入って慎太郎にお腹殴られる京本

ジェシーのみんなを見る目が親。

 

仲間になった記念に樹、髙地の自慢話がはじまる。

慎太郎が「メシの時間だ!今日のメシは〇〇だぞ!!!!」(以下〇〇はアドリブ)

樹、髙地以外捌ける。

髙地「おい!誰もいないぞ!!!」

「「まってくれよ〜」」樹、髙地も捌ける。

 

【緑チーム】

お前は何をしたシーン。

 

上手岩本。下手佐久間。上手セット階段上阿部。センター深澤。4扉からXC-A列通路渡辺、1扉からXC-A列通路宮舘の順で登場。

岩本ドラム、佐久間ベース、阿部ギター、深澤キーボード、渡辺宮舘フリー(ダンス)

♬嗚呼思春期(Snow Man)

♬HEART BREAK CLUB(Snow Man)

 

曲終了後京本下手から登場。

佐久間「あ〜たのしかった!なんだお前」

阿部「うるせぇ!!!」

京本「こっわ……」(日によってアドリブあり)

 

ジェシーと岩本】

京本「(下手側のステージ降り階段付近座る)よっこいしょ〜〇〇」

掃除しながら4扉からXC-A列通路ジェシー

京本「お前と岩本の間にいったい何が…?」

ジェシー「昔、音楽を一緒にやってデビューを目指していた。」

 

ここから回想シーン①

岩本「よっこいしょ〜〇〇」

ジェシー「(岩本のアドリブ次第でジェシーも日によりアドリブあり)なにしてる?どうして練習来ない?」

岩本「用事、なんでもいいだろ。」

ジェシー「練習以外に大事な用事ってなんだよ。」

岩本「(ロザリオ出す)お守りだと日本人じゃないからご利益なさそうだろ。だから探した。俺とお前の約束だ。」

 

京本「なのにどうして?」

 

ここから回想シーン②

岩本「おいジェシー、この音源、俺を裏切ったやつの演奏だよな?どうして裏切った。」

ジェシー「今度の大会は国内最大級だから彼らに力を借りた。」

岩本「ふざけんな。」音源を床に叩きつけて割る。

ジェシー「どうしてわかってくれねぇんだよ!」

♬Rival(ジェシー、岩本)

・〜サビ。ジェシー下手階段上、岩本上手階段上。

・サビ〜。二人ともセンター。

回想シーン終了。

 

ジェシー「岩本と作る曲はいい曲だった。京本、お前はどんな曲が好きなんだ?」

京本「おれは……」

♬この星のHIKARI(SixTONES)

 

曲終了後

【対立】

すの誰か(←ごめんなさい)「うるせぇなぁ!」と一斉にSixTONESにケンカを売る。

SixTONES、Snow Manのケンカが始まる。

京本が止めに入る。

阿部「新入りは黙ってろ。」

京本「俺にはなにができるんだ……」

♬闇を突き抜けて(SixTONES、Snow Man)

 

京本「こんな無意味な争いしても仕方ない。」

樹「じゃあ俺達はどこでストレス発散すればいいんだよ。」

ジェシー「京本…仕方ないんだ。」

京本「(岩本と作った)あの歌があるじゃないか。」

慎太郎「歌なら、今歌っただろう〜〇〇〇〇〜♬」(闇を突き抜けてをアレンジ歌い始める。)

京本「ちがう!」

佐久間「アニソンか?!」

京本、佐久間をあしらう、日によってあしらい方はアドリブ。

京本「ジェシー、うたってくれ。」

♬君にこの歌を(ジェシー)

 

宮舘「なんかなごんじまったな。」

 

SixTONES、Snow Man 和解。

 

【お風呂シーン】

慎太郎「お風呂の時間だ!!!こぉぉんなことしてたら、もうこぉぉんな時間じゃないか!!!!!」

渡辺「本当だァァァ!もうこんな時間じゃねぇぇかァァァ(うるさい)」(日によってアドリブあり)

 

岩本「おいお前ら、早く入れ!」

岩本以外「は〜い!」

・秘密暴露大会。

・ムチャブリ。

・毎日アドリブ。

 

お風呂上がり。

渡辺「はぁ〜きもちよかった!」

エアー看守に殴られる渡辺。宮舘。

看守長「これは教育だ。全員懲罰房行きだ。と言いたいところだが、数が足りないので、全員一週間飯抜きだ。」

一同「まじかよ〜」

「渡辺、大丈夫か??」

渡辺「俺は大丈夫、それより一週間メシ抜きのほうがやばいよ……今日のメシ、カレーだったんだぜ……」

慎太郎「え〜!!!!俺、〇〇好きなのに〜!!!!!」

深澤「(ツッコミ)〇〇〜」

全員捌ける。

 

【少年たちの日常】

♬僕に聞くのかい?(京本)

上手。樹、髙地、京本。

樹「俺らの夢はBARを開くこと。」

髙地「ただのBARじゃない。楽しませるBARだ。」「みてろよ〜!ここには牛乳ビンしかないけどな。」

髙地、樹の順で牛乳ビンでジャグリングするが失敗。

京本「(励ましの言葉)〇〇〜」

樹、髙地捌ける。

 

センター階段上。阿部、佐久間、渡辺。

「今日は月に一度のテレビの日!」

「テレビってすごいよなぁ〜」

「アニメのアイドルが歌ってニュースを伝える番組をつくりたい!!どうだ!」

「お〜それめっちゃい〜!あ!流れ星!」

佐久間「アニメのアイドルが歌ってニュースを伝える番組がつくれますように✕3(早口)」

京本「がんばってね!」

 

下手給食。慎太郎、宮舘。 

慎太郎「俺ねぇ、ここ出たらダンサーになろうと思うんだ。よかったら一緒にやらない?」

宮舘「いいねぇ、でもそしたらリーダー決めないとなぁ?!」

慎太郎「俺だろ!!」

宮舘「じゃあ早食いで勝負だ。でも俺〇〇嫌いだからおまえにあげるな」

慎太郎「俺は〇〇嫌いだからお前にあげるわ。」

宮舘「勝負にならねぇじゃねぇか!」

京本「まあまあ!」

「じゃあお前はなにが嫌いなんだよ。」

京本「俺は…牛乳」

慎太郎宮舘「「牛乳は背が伸びるからちゃんと飲め!」」

京本「はい……」

 

上手階段上。北斗、深澤。

北斗「俺らって本当に兄弟なのかな?」

深澤「そうだよ?」

北斗「だって、顔の大きさ違うし」

深澤「うん……」

北斗「だって、〇〇〇〇だし…」

深澤「うん……」

北斗「それに〇〇〇〇……」

深澤「うわぁぁ!!」

京本「大丈夫だよ、〇〇でも兄弟だよ!!」

北斗深澤「「そんなん言われなくても分かってるわぁ!」」 

 

ナレ「少年たちは空腹に耐え塀の中での生活を過ごした。」

 

【出所】

看守長「ジェシー前にでろ。出所だ。お前はこれから国の法律で裁かれる。戦況が変わったらしい。ジェシーは母国に強制送還され徴兵される。」

ジェシー以外「おいそれどういうことだよ。」

ジェシー「みんなはいいなぁ、平和な国に生まれて。さようなら。」

ジェシー出所。

♬君にこの歌を(ジェシーソロからジェシー以外のSixTONES Snow Man)

 

【徴兵】

SixTONES、Snow Man軍服で兵隊行進。

(髙地不在日はアンダー佐々木大光)

 

アナ「少年たちの運命は。」

 

1幕終了。